2017年3月20日

むし歯 治療方法

歯に穴が空いてないむし歯:
歯を削らずフッ素を塗布することで歯を再石灰化させます。

 

エナメル質にできた虫歯:
むし歯を取り除きレジンで修復します。麻酔を使用せずに進めることが多く、多くの場合は1回の治療で終わります。

レジンは白いプラスティックなので、見た目もキレイに治療できます。

 

象牙質まで進行したむし歯:

治療方法は主に2つ。1つ目はむし歯を除去し、レジンで修復する方法です。強度はあまり出ませんので、力がかかりやすい歯や、面積の大きい場合は適応できない場合もあります。治療回数は1回で終わることが多いです。

もう一つは虫歯を除去した後に詰め物をする方法です。詰め物は保険適応の銀歯から、見た目が美しいセラミックまでいろいろありますから、患者さまとご相談しながら決定していきます。
治療回数は2回〜3回で麻酔は状況によって必要になる場合があります。

 

歯の神経(歯髄)まで達しているむし歯:
まずは神経を除去し、洗浄した後で薬を詰めます。

麻酔は状況を見ながら使用するかどうかを見極めます。治療回数は約2〜5回で完了します。

 

歯根まで到達したむし歯:
歯根まで達してしまった場合は抜歯になることが多いのですが、程度によっては歯が残せる場合も。

抜歯の場合は抜いた後にブリッジや、入れ歯、インプラントといった治療で欠損修復することが必要になります。