2016年11月12日

インプラント 治療方法

まずインプラントを行う骨の厚み、密度、硬さなど計っていきます。顎には太い血管や、神経が通っているため、この工程が非常に重要です。
CT撮影後はインプラントの太さや、長さを決め、被せ物のシミュレーションを行います。
口の中をしっかり洗浄してから、インプラントを埋入します。処置は約30分〜1時間程度です。
インプラント埋入翌日以降で消毒、約1週間後に抜糸を行います。麻酔等は必要なく、痛みもほぼありません。
インプラントがしっかり顎の骨に固定されたのが確認できたら土台を立てて被せ物の型取り。被せ物が完成したら、それをインプラントに装着し治療完了です。