2017年3月20日

ホワイトニング 原因(理由)

 歯の色は象牙質の色によるところが大きい言われており、元々象牙質が白っぽい人もいれば、黄色っぽい人もいます。
 また、日頃の生活習慣による黄ばみや着色も歯の色に影響を与えます。例えば、たばこや赤ワイン、コーヒー、紅茶だけでなく、チョコレートやブルーベリーなどもその色素が歯に付着します。
 さらに虫歯はもちろん、治療の際に使った詰め物や被せ物なども時間が経ち、劣化や腐食が進むと歯や歯茎の黒ずみや変色を招くこともあります。
 歯の色は人の第一印象に大きな影響を与えます。ぜひお気軽にご相談いただきたいと思います。