2017年3月20日

入れ歯 治療方法

入れ歯を作る前に、まずはむし歯や歯周病の治療から行います。それから型取りし、噛み合わせや歯の並びをじっくり確認しながら慎重に入れ歯を作っていきます。
噛み合わせ、違和感の有無、発音のチェックなどをし、あたかもご自身の歯のように自然の使える使用感を目指してじっくり調整していきます。
よく入れ歯を作ったものの、しゃべりづらいとか噛みにくいなどの症状を訴える方がいらっしゃいますが、これは、入れ歯を作った後に口の中の状態が変化してしまったことによるもの。かかりつけの医院で定期的に検診・調整していくことで、こうした入れ歯の不具合はかなり軽減されるはずです。