2017年3月20日

審美歯科 治療方法

審美歯科で使用する詰め物や被せ物の特徴
セラミックインレー
透明感があり、歯とよく馴染み、歯との適合性が良く、表面がつるつるしています。虫歯になりにくく、外れてしまう可能性も少ないのがメリットです。
 ハイブリッドインレー
セラミックにプラスティック混ぜているため、セラミックだけのセラミックインレーよりは耐久性が低いのですが、虫歯になりにくく、外れる可能性が低いのが特徴です。
ジルコニアセラミッククラウン
非常に耐久性に優れた素材なため、ブリッジや奥歯にも対応できます。また透明感があり美しいのも特徴。金属を使わないため金属アレルギーの方でも安心です。
セラミッククラウン(E-max)
見た目の美しさが特徴で強度も十分ありますがジルコニアセラミックと比較すると少し劣ります。奥歯の治療でも安心して使用できますが、ケースによっては使用できない場合がありますのでご相談ください。
CADCAM冠
2014年に保険導入された白い被せ物です。保険適応のため、安価にも関わらず見た目の美しさが実現できます。中央の前歯から数えて上下の4、5番目のみが対象になります。また例外として金属アレルギーの患者さまでは奥歯でも適応になる場合もあります。ただ、銀歯やセラミックよりは強度が低く、強く力がかかる歯には使用できません。また、透明感はなく、数年で変色してしまうのがデメリットです。
ラミネートベニア
薄いセラミックを接着し歯の色や形、隙間等改善する審美治療です。すきっ歯やホワイトニングで色が満足いかなかった方に最適ですが、かみ合わせによっては対応できない場合もあります。
セラミック矯正
セラミックを被せたり貼ったりすることで歯を動かさずに、歯並びを美しくする方法です。セラミックを被せるために歯を削りますが、矯正に比べ短期間で治療を完了することができます。また、歯の形、色を変えることも可能です。