2017年3月20日

矯正歯科 治療方法

 矯正と言うと、みなさんがまず思い浮かべるのがワイヤーと使ったもの。「マルチブラケット(ワイヤー矯正)」と呼ばれます。歯の表側にブラケットとよばれる金属を付け、ワイヤーを通す方法です。ワイヤーの調整を定期的に行う必要があります。
 そして、そのブラケットを歯の裏側に装着するのが「舌側矯正」。マルチブラケットに比べて外から見えづらいので矯正していることを他人に気付かれにくいのがメリット。しかしやや違和感を感じやすく、慣れるまでは多少発音しにくいと感じる人が多いようです。
 そして、最近、当院でも力を入れているのが、ワイヤーを一切使用せずに、透明なマウスピース型の矯正装置(アライナーつけて矯正していく「マウスピース矯正(インビザライン)」。
 今までの治療は一度器具を装着すると治療が終わるまで器具をとることができませんでしたが、マウスピース矯正は食事のときなど場合に応じて自分で着脱をすることが可能です。 また、金属を使用しないため、唇や口の中の粘膜などを傷つけるリスクが低くなります。