2017年3月20日

診療内容 CT検査

当院では、病巣の大きさ、位置、歯根形態、歯の破折などを正確に診断するために、3次元の歯科用CTと使っています。

特に抜歯やインプラントにおいては、このCT使うことで神経との関係を正確に把握でき正確で安全な処置を行うことができます。現在はCT検査が保険適応にもなっていますので、費用負担も少なくてすみます。

歯科用CTによる被ばくは、1mSv(飛行機で東京〜ニューヨーク間を往復した時に浴びる自然被曝量)程度。もちろん被曝量がゼロではありませんが、当院ではできるだけみなさんに安心していただける機器を導入するようにしています。

原因(理由)

治療方法

患者の声