2017年3月20日

CT検査 原因(理由)

質の高い診査、診断、治療するために歯科用CTでの診断が大事だと考えています。
このCTを使うと、従来の断層方式パノラマ X 線写真や口内法 X 線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因の究明が可能です。また正確に把握しずらかった骨質、骨の高さ、骨の形状まで撮影することが可能。そのことで、インプラント治療、歯周病、根管治療、親知らずの抜歯、矯正歯科などすべての歯科治療において有効です。