黒い歯茎が美しい!? ①

 

こんにちは、院長の寺脇です。

 

皆さんには「理想の歯茎」はありますか?

おそらく大半の方は、ピンク色で艶がある歯茎、を思い浮かべるかと思います。

 

実は世界にはこの「ピンク色の歯茎」をよしとしない方々がいるそうです。

セネガルではなんと「黒い歯茎」こそが美人の条件なのです。

初めて聞いた時、私も耳を疑ってしまいつい調べてしまったのですが、彼らはどうやら歯をより白く見せるために、歯茎を黒くしているようです。その方法は歯茎刺青です。この刺青は何百年も前から続いており、今でもセネガルには歯茎刺青を専門とする歯医者さんもいるのだとか。

 

この歯茎刺青で使用する墨の正体は、炒った豆の黒い粉や、ランプについた煤を削りとったものだそうです。

歯医者さんでやる場合ですと、豆を黒く焦がした粉を歯茎に塗り込み刺青にしていくそうですが、一部の村では先端をボサボサにした木の枝の先に墨をつけ、それを歯茎に刺して刺青にしていることもあるそうです。

 

歯医者としては、前者ならともかく後者についてはもう少し衛生的に行って欲しい気持ちもありますが、世界には様々な美の基準があるのだということを知り、とても勉強になりました。

 

ですが、この「黒い歯茎」、あくまでも「セネガル」でのお話だということをお忘れなく。

今の日本で「黒い歯茎」がどのような立場にいるのかは、次回お話したいと思います。

 

当院は高円寺駅北口徒歩1分にございます。

高円寺近郊にお住まいの方に、お気軽にお越しいただける歯医者を目指しています。是非お気軽にお越し下さい。