平安時代の歯科治療

こんにちは、院長の寺脇です。

 

歯科治療の歴史-日本編-の第2回目の本日は平安時代の歯科治療についてお話していきます。

 

平安時代になると日本でも、お歯黒以外の治療らしい治療が

行われるようになってきています。

歯痛を抑えるために針を刺したり、お灸をしたり、

場合によっては抜歯も行っていたそうです。

また平安時代らしく、時には加持祈祷が行われていた、という記録が残っています。

しかし、これらは全て朝廷内においてのお話です。

 

それでは都の外の民草は何をしていたのでしょうか。

どうやら詳しいところは、記録が残っていなくてあまりわからない、

というのが実状のようです。

ただ、巫女が治療のために抜歯を行ったという記録が見受けられることから、

100%歯を放置していたわけではないようです。

 

ちなみに前回触れた「お歯黒」ですが、この当時はまだ上流階級のものだったようで、

皇族や貴族、武家、大規模寺院の稚児にしか許されていなかったようです。

 

それでは次回は武士の時代の歯科治療についてお話していきたいと思います。

 

当院は高円寺駅北口徒歩1分にございます。

高円寺近郊にお住まいの方に、お気軽にお越しいただける歯医者を目指しています。是非お気軽にお越し下さい。