江戸時代の歯科治療

 

こんにちは、院長の寺脇です。

今回は江戸時代の歯科治療についてお話ししていきます。

 

江戸時代になると歯科の治療もかなりの発展を見せます。

が、やはりお上と民草では医師も治療も異なっていました。まず朝廷では丹波家が、幕府内では丹波一族の金保家が歯科の治療を行っていたそうですが、やはり一族秘伝の治療法は外に出て行くことはなかったそうです。そのためあまり彼らの治療法に関してはわかっていないことも多いのだとか。

 

反対に民間では治療を行う医師が多様化し、医師や薬師以外にも入れ歯を作る人や歯を抜く専門の人も歯の治療を行っていたそうです。

彼らの治療方法は、薬を処方したり幹部に直接塗ったり、場合によっては抜歯などの手術を行っていたようです。彼らの治療法では直接虫歯にアプローチをかけることはありませんでしたが、優れた入れ歯と抜歯の技術を保持していました。

 

また江戸時代では歯ブラシ(房楊枝)が広く使われるようになりました。さらに江戸の後半には歯磨きも登場し、人々の口内環境は飛躍的に改善されて行ったようです。

 

長く続いたこの歯科治療の歴史シリーズも、残すところあと明治大正昭和の三つになってきました。次回は文明開化後、西洋の香りが強い明治時代についてお話ししていきます。

 

当院は高円寺駅北口徒歩1分にございます。

高円寺近郊にお住まいの方に、お気軽にお越しいただける歯医者を目指しています。是非お気軽にお越し下さい。