昭和時代の歯科治療

こんにちは、院長の寺脇です。

 

長く続いた歯科治療の歴史-日本編-も本日で最後です。最後を飾る今日は昭和の時代の歯科治療についてお話ししていきたいと思います。ただ、昭和の後半はもう現在と変わらないので、戦前に限定してお話しします。

 

昭和になってくると国もかなりその重要性を理解してきます。昭和の頭には現在の東京医科歯科大学が設立され、歯科の教育に国が乗り出してきました。しかし反面、時が戦争に向かっていくにつれ、医療は国の統制のもとに置かれるようになりました。歯科診療に必要な道具類が配給制になり、医師不足から歯科医師も条件を満たせば医師としての活動ができるようになったそうです。

 

また歯科の教育と治療法の進歩に伴い、歯科治療器具も進化がみられます。歯科の診察ユニットが現在の歯医者で見るような形になるのもこの頃です。ただ、昭和初期のものにはライトの代わりにシャンデリアが付いていたそうです。

 

これにて日本の歯科治療の歴史シリーズはおしまいです。一口に歯科治療と言ってもこれだけの歴史があるんですね。もっと詳しく知りたい方は是非調べてみてください。

 

当院は高円寺駅北口徒歩1分にございます。

高円寺近郊にお住まいの方に、お気軽にお越しいただける歯医者を目指しています。是非お気軽にお越し下さい。