赤ちゃんの歯

こんにちは、杉並高円寺歯科の寺脇です。

 

皆さん、赤ちゃんの歯っていつからできるのかご存知ですか?生まれたての赤ちゃんには歯が生えてませんよね。ですが、赤ちゃんの歯茎の下にはすでに歯が眠っているのです。

 

なんと妊娠してからたった7週目頃から子供の歯、乳歯が作られ始めます。ただ始めにできるのは歯ではなく歯胚と呼ばれる歯の芽が出来ます。

そして妊娠後4ヶ月にもなると、乳歯の石灰化が始まり歯が硬くなってきます。また同時にこの頃になると大人の歯つまり、永久歯の歯胚が出来ます。

このようにして着々と生まれる準備を整え、 母親のお腹から出て来る時には永久歯の石灰化が始まった状態になって出て来ます。

 

生まれた頃には歯もなく固形物が食べれない赤ちゃんの顎の中には、すでに大人の歯が眠っていたなんて人類の神秘ですね。

 

杉並高円寺歯科は高円寺駅北口徒歩1分にございます。

高円寺近郊にお住まいの方に、お気軽にお越しいただける歯医者を目指しています。是非お気軽にお越し下さい。