歯を使った漢字たち

こんにちは、杉並高円寺歯科の寺脇です。

 

前回「歯」という漢字の成り立ちについてお話をしましたが、今回は、その「歯」を使った漢字をご紹介していきます。

 

おそらく「歯」がつく漢字で、「歯」という文字を除けば、皆さんが一番よく使うのは「齢」という文字だと思います。

この歳を表す漢字になぜ「歯」という漢字が使われているのでしょうか。

答えは古代中国まで遡ります。彼らは歯の状態が人間の成長の状態や、歳が現れると考えました。そのため人間の年齢を表す文字に「歯」という文字をつけたそうです。

また、「歯」自体にも、成長するにつれて生え変わったり抜け落ちたりする様子から、歳の意味を含んでいます。

 

現代の考古学でも歯からその持ち主の年齢を割り出す方法もあります。2000年以上の年月が流れても、当時の人々と着眼点は同じなんて面白いですね。

 

杉並高円寺歯科は高円寺駅北口徒歩1分にございます。

高円寺近郊にお住まいの方に、お気軽にお越しいただける歯医者を目指しています。是非お気軽にお越し下さい。