不正咬合の種類2

こんにちは、杉並高円寺歯科の寺脇です。

 

前回は有名な三つの不正咬合についてご紹介していきました。本日はさらに他の不正咬合の種類についてお話していきます。

 

まずは開咬(かいこう)です。これは歯が閉じ切らない噛み合わせのことをいいます。奥歯を噛んだ時に、上下の歯の間に隙間が空いてしまう状態になります。そのため前歯で物が噛めないという弊害があります。

 

次に交叉咬合があります。これは上の歯と下の歯の中心が、真ん中ではなく左右にずれている歯並びのことを指します。これは顎が左右にずれていることで起こり、放置しておくと左右の顎の成長に差が発生し、顔のゆがみにつながることもあります。

 

本日は不正咬合の種類を二つご紹介しました。

実は後二つ、代表的な不正咬合があるので、続きは次回ご紹介していきます。

 

杉並高円寺歯科は高円寺駅北口徒歩1分にございます。

高円寺近郊にお住まいの方に、お気軽にお越しいただける歯医者を目指しています。是非お気軽にお越し下さい。