動物たちの不正咬合

こんにちは、杉並高円寺歯科の寺脇です。

 

前回までは人間の不正咬合についてのお話をしてきましたが、みなさんは動物たちにも不正咬合が起こるって知っていましたか?

今回は動物たちの中でもよく不正咬合が見られる、ウサギの不正咬合についてお話していきます。

 

ウサギによく不正咬合が見られる理由としては、ウサギの歯は人間とは違い一生伸び続けるからです。ウサギの他にも、モルモットやハムスターなどの歯も一生伸び続けます。しかし、ウサギやモルモットの歯が切歯・臼歯共に伸び続けるのに対し、ハムスターは切歯のみ伸び続ける、という違いがあります。そのため、ウサギはわかりやすい前歯だけではなく、見えにくい奥歯まで注意を払わなければいけないそうです。

本来ならば、噛み合わせによりきちんとすり減っていく歯が、生育環境や与える餌によって噛み合わせがズレてしまうことで、様々な問題を引き起こします。

 

初期症状としては物がうまく噛み切れない、食欲が落ちてきた、などが挙げられます。この段階で気づければいいのですが、特に臼歯の場合、気付かずさらに悪化させてしまうことも多いのだとか。

その悪化した状態というのが、伸びた歯が下や顎に突き刺さる、というものだそうです。

 

ペットを飼っている方は、ぜひご自身のお口の健康だけでなく、ペットのお口の健康も気にして見てくださいね。

 

杉並高円寺歯科は高円寺駅北口徒歩1分にございます。

高円寺近郊にお住まいの方に、お気軽にお越しいただける歯医者を目指しています。是非お気軽にお越し下さい。