桜のナゾ

こんにちは、杉並高円寺歯科の寺脇です。

今年の東京は開花宣言から非常に長く桜が楽しめましたね。今年はお花見をした方も例年以上に多いのではないでしょうか。外国人訪日客の方々がお花見をする姿もあちらこちらで見かけました。

わたしは以前から、桜がなぜ一斉に咲くのか疑問だったのですが、皆さんも感じたことはありませんか?一本一本違う木の集合体なのにどうしてこうも同時に咲き誇るのか。

調べてみたところ、なんと日本に生息するソメイヨシノのほとんどが接ぎ木で繁殖させたクローン植物なのだそうです!

ソメイヨシノは江戸時代に交配され誕生し、明治以降、接ぎ木で全国に広がったのだとか。遺伝子が同じだから、同条件であれば同時に開花するのですね。それにしても日本中にある何百万本ものソメイヨシノが人の手によって増やされていたとは驚きです。

-世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし-

日に日に温かくなるこの季節にあの薄いピンク色の花をつけた桜は、日本人の遺伝子に深く刻み込まれているのかもしれませんね。

杉並高円寺歯科は高円寺駅北口1分にございます。

高円寺近郊にお住いの方に、お気軽にお越しいただける歯医者を目指しています。是非お気軽にお越しください。