どうして歯に色がつくの?

こんにちは、杉並高円寺歯科の寺脇です。

「コーヒーをよく飲むのですが、歯の変色の原因はコーヒーですか?」と患者さんからよく質問で質問されます。

答えはYESでもありNOでもあります。

私達は毎日さまざまな食べ物や飲み物を口にするので、コーヒーだけが原因とは言い切れないからです。歯の着色の原因としてよく挙げられる飲み物は、コーヒー、紅茶など色の濃い飲み物。ワインも赤ワインだけでなくタンニンを含む白ワインも歯の変色の原因であることは意外としられていませんね。食べ物では、着色料を使用した食品やブドウなど皮ごと食べるベリー類。

いずれも絶対に摂らなくてはいけないものではありませんが、歯の着色を気にするあまり、好きなものをガマンするのは嫌ですよね。

飲み物はできるだけストローを使って飲む、着色しやすい食べ物を食べた後はすぐ洗口液でうがいをするなどの対処法を考えてみてはいかがでしょうか。

今では携帯に便利な使いきりのマウスウォッシュもたくさん出ていますよね。外出時は飲食後水で口をゆすぐだけでも効果があります。嗜好品をガマンせず、着色しない工夫をするのもひとつの方法だと思います。

杉並高円寺歯科は高円寺駅北口1分にございます。

高円寺近郊にお住いの方に、お気軽にお越しいただける歯医者を目指しています。是非お気軽にお越しください。